ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 覚性院の宝塔(かくしょういんのほうとう)

覚性院の宝塔(かくしょういんのほうとう)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月6日更新

 

ほうとうのしゃしん

 

総高  327.0cm
江戸時代

本堂の南側に建っています。塔身(とうしん)は四面ともに月輪(がちりん)の中に金剛界四仏の種子が刻まれています。

塔身の周囲には欄干(らんかん:手摺)があり、隅には擬宝珠(ぎぼし:丸い飾り)がついています。

基礎には明和9年(1772)の年号が彫られています。

細部の欠損はありますが、おおむね保存もよく全体的に高さに対して幅があって、安定感のある塔です。