ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 覚本寺の宝塔(かくほんじのほうとう)

覚本寺の宝塔(かくほんじのほうとう)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月5日更新

 

ほうとうのしゃしん

 

総高  380.0cm
江戸時代

本堂の南側にたっています。

塔身(とうしん)の四面には金剛界四仏の種字(しゅじ)が刻まれており、塔身中には仏舎利(ぶっしゃり:釈迦の骨)三つぶをこの塔の中に納めたなどと書かれた納紙(のうし)があります。

基礎には偈文(げもん:仏徳を称えた語句)と銘が刻まれており、寛延(かんえん)3年(1750)の銘が見られます。

保存状態も良く、塔身中に納紙や仏舎利などが残る史料的に貴重なものです。