ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 絹本著色 筧に小禽図(田崎草雲筆)(けんぽんちゃくしょく かけいにしょうきんず たざきそううんひつ)

絹本著色 筧に小禽図(田崎草雲筆)(けんぽんちゃくしょく かけいにしょうきんず たざきそううんひつ)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月6日更新

 

かけいにしょうきんずのしゃしん
 
寸法      縦 150.0cm
        横   40.0cm
江戸時代

竹を半分に割り作った筧に清らかな水が流れ、その先に小さな瑠璃鳥(るりちょう)がとまっています。

崖の上にはすみれの花が咲き、崖の下には数本のわらびが芽生え、山里にもようやく春が訪れたことを告げる小景です。

上下に長い日本画の特性をよく生かした作品です。

※通常非公開となっております