ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 開山無縫塔(かいざんむほうとう)

開山無縫塔(かいざんむほうとう)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月5日更新

 

かいざんむほうとうのしゃしん

 

総高 60.0cm、塔身の高さ33.5cm
平安時代~鎌倉時代

四角い石を2段状にした上に、卵形の塔身を立てたものです。

本堂の裏山にある開山堂の中に納められています。

塔身(とうしん)は花崗岩の石を磨いて、塔頂部分を多少尖らせてあります。

石に字は刻まれていませんが、形は古い形態で、平安時代から鎌倉時代に造られたものと考えられます。

※通常非公開となっております。