ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

駕籠(かご)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月5日更新

 

かごのしゃしん

 

江戸時代

江戸時代、朱印地10石の格式ある養源寺の住職が、葬儀の時に使用したものと言われています。

全長424cm、輿の高さ116cm、横巾110cm、幅(底部)80cmで木製の漆塗りで出来ています。

内部には花鳥の絵画がほどこされており、現在、地区に残る唯一の僧侶乗用物で貴重なものとなっています。

全体の形は整っていますが、屋根部分の漆及内部の絵画が一部剥脱しています。

※通常非公開となっております。