ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 絹本著色 花鳥図(田崎草雲筆)(けんぽんちゃくしょく かちょうず たざきそううんひつ)

絹本著色 花鳥図(田崎草雲筆)(けんぽんちゃくしょく かちょうず たざきそううんひつ)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月6日更新

 

かちょうずのしゃしん
 
各寸法  縦 128.5cm
         横   42.0cm

右「春夏香籠図」(しゅんかこうろうず)
中「戯架音呼図」(ぎかいんこず)
左「秋冬芳瓶図」(しゅうとうほうびんず)

明治3年(1870)、草雲(そううん)56歳の時の作品です。

中幅(ちゅうふく)の図の架(たな)に戯れるインコは羽の表現など細かく密に描いています。

左右の幅には春と夏、秋と冬の絢爛たる花々を丁寧に鮮やかな色遣いで描いています。

※通常非公開となっております