ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 花鳥文刺繍天鵞絨

花鳥文刺繍天鵞絨

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月5日更新

 

かちょうもんししゅうてんがじゅうのしゃしん

 

寸法     縦 230.0cm
        横 203.0cm
室町時代

茶色のビロードの地に瑞鳥(ずいちょう)・牡丹の文様をいろいろな色の糸で刺繍した華やかな物です。

線の内側の中央には両翼を広げた瑞鳥、それを8個のハートの形をした花の文様で飾り、四隅に孔雀、左右に瑞鳥が見えます。

線の外は細かく花模様が刺繍されています。

箱書は、文禄2年(1592)とありますが、外国より到来し、足利尊氏の陣中に飾られた織物と伝えられています。

中国産でとても細かくつくられていて、美しい作品です。

※通常非公開となっております。