ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 樺崎八幡宮太々神楽

樺崎八幡宮太々神楽

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月5日更新

 

かぐらのしゃしん

 

この神楽の由来は明治始めごろ、当八幡宮の宮司の長裕多(ちょうゆうた)により伊勢から大和(やまと)流太々神楽が伝えられたといわれています。

舞の種類は19種類におよびます。神楽の奉納は氏子により、毎年春(4月の第3日曜)と秋(10月の第3日曜)の例大祭で演じられます。