ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 常慶寺の宝塔(じょうけいじのほうとう)

常慶寺の宝塔(じょうけいじのほうとう)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月5日更新

 

ほうとうのしゃしん

 

総高  360.0cm 
江戸時代

常慶寺(じょうけいじ)の山門から本堂までの間の中ほどに建っています。

2段になっている台の上に台座をのせて、その上に宝塔の塔身(とうしん)を立てています。

塔の上のほうにある請花(うけばな)というところから笠の四隅に鎖をつないでいます。

塔身のそれぞれの面には金剛界の仏様が浮き彫りにされています。

昭和60年(1985)に解体修理を行ったところ、塔身の中からお経を写した紙を納めた竹の筒と、5体の鉄でできた仏様が納められていたことが確認されました。

基礎の銘文から寛延(かんえん)3年(1750)に造られ、保存状態もよく、お経や仏像が納められていたことなどもわかる貴重な文化財です。