ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

人物埴輪

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月5日更新

 

じんぶつはにわのしゃしん

 

現存高  31.5cm
古墳時代後期(6世紀後半)

昭和4年(1929)、葉鹿の熊野古墳(熊野古墳群第6号墳、円墳)から出土した人物埴輪の一つです。

胴部以下は欠けていますが、顔面部、両腕、胴部をかたどっています。

頭頂部には円形の平板をのせ女性の髪型である島田髷を表現しています。

首には玉類を飾り、背から胸には、紐をかけた装飾をしています。

色調は赤褐色で焼成は良く、表現は豊かで当地方の人物埴輪の特長がみられます。

本埴輪は発掘当初、同形のものがもう一体出土している二人童女の一体であり、もう一体は現在東京国立博物館に所蔵されています。

※ふるさと学習・資料館で常設展示されています。