ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

医王寺の宝塔

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月5日更新

 

ほうとうのしゃしん

 

寸法   総高           420.0cm 
       宝塔塔身の高さ  244.0cm 
       台座の高さ        82.0cm 
       台石の高さ        94.0cm
江戸時代

医王寺境内の東側に建っています。

3段になっている台石の上に基礎、敷茄子、蓮座からなる台座をのせて、その上に塔身(とうしん)を建てています。

請花(うけばな)から笠の四隅に鉄鎖を繋ぎ、塔身には四面に胎蔵界(たいぞうかい)の仏様を意味する種字(しゅじ)が刻まれています。

基礎の部分には明和元年(1764)と刻まれていて、この塔が建てられた時期がわかり、由緒もわかることから歴史的価値が高いものです。