ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 銅印 印文(鶏足寺印)(どういん いんもん けいそくじいん)

銅印 印文(鶏足寺印)(どういん いんもん けいそくじいん)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月5日更新

 

どういんのしゃしん

 

一辺 5.5cm、高さ 7.5cm
平安時代

鋳銅製で印を押す面は四角い形をしています。

四周には郭状の縁取りをし、印文は朱色の文字で2行、1行に2字「鶏足」「寺印」と鋳出されています。

印台には縦に典型的な鶏の頭をかたどったつまみがあって、そこに穴があけてあります。

印文は力強さの中にも風格、上品さが感じられます。

形も非常に整っていて、保存状態もよいものです。

※通常非公開となっております。