ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 今福浄水場 ポンプ室

今福浄水場 ポンプ室

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月5日更新

 

いまふくじょうすいじょうのしゃしん

 

足利公園北側山頂にある「緑町配水場」と同じ昭和5年(1930)竣工の水道施設であり、ここで集水・浄水を行い「緑町配水場」にポンプで送水します。

送水ポンプは7台設置されておりそのうち3台程度が常時稼動しています。

鉄筋コンクリート造の地上1階地下1階建で昭和5年の竣工時に完成しました。

南面の入口を入るとホールがあり、右は増築された電気室につながる「旧電気室」があります。

正面には地階に降りる階段があり、階段を降りると送水ポンプ7台を備える吹抜けのポンプ室となります。

ポンプ室を地下式にするのは、地下水を吸引する真空ポンプの能力に伴うもので、階段を降りた右手に工具などを保管するために仕切られた工具置場があります。

正面入口前には洪水時用の堰板(せきいた)留の石柱が建っています。

外観意匠は幾何学的な形態ながらパラペットやアーチ窓に装飾を施す、ゼツェッション風の昭和初期建物の特徴が良く表現されています。

※通常非公開となっております