ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 鵤木の一本杉(いかるぎのいっぽんすぎ)

鵤木の一本杉(いかるぎのいっぽんすぎ)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月5日更新

 

いっぽんすぎのしゃしん

 

高さ               23.0m
目通り            5.90m
枝張り東西    23.0m

通称鵤木の一本スギといわれており、鵤木町の南端で渡良瀬川に近い旧外側堤防の中段にあります。

地上1.5m位のから3本に分かれています。

たびたび落雷にあい、幹に縦裂の跡があり、そのため幹の3本とも芯は枯れています。

しかし、太い枝は元気がよく葉は濃緑色で樹勢は旺盛です。

樹齢は約650年と推定されます。

このスギのある通りは昔から街道にあたり、その道標(どうひょう)の一つとして植えられたものと伝えられています。