ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

太刀銘 家俊

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月5日更新

 

いえとしのしゃしん

 

寸法  長さ 73.5cm、反り 2.0cm
鎌倉時代

鎬造り(しのぎづくり)という平安時代以降にできた、刀に反りがついた日本刀の基本の型です。

鍛えと言う刀を研ぐと見えてくる地肌の模様は、板目肌と杢目肌(もくめはだ)といわれるものが交っています。

刃文(はもん)は互(ぐ)の目というもので、波を打っているような模様です。

切先と言う刀の先の部分にも刃文が見えますが、この部分を帽子といい、小丸という種類のものです。

刀には「家俊」と言う銘が刻まれています。江戸時代中期に鑁阿寺(ばんなじ)に寄進されたもので、「落葉の陣太刀」として寺宝となっています。

形や鍛え方の特徴から鎌倉時代末期の作で、備前の国の刀工 家俊の作であると推定されます。

※通常非公開となっております。