ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 母衣輪神社のクスノキ(ほろわじんじゃのくすのき)

母衣輪神社のクスノキ(ほろわじんじゃのくすのき)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月5日更新

 

クスノキのシャシン

 

樹高      約 13.0m
目通り          3.16m
根まわり       9.0m

参道の東側、社殿と鳥居のほぼ中央にあります。

樹齢は約200年ほどと思われ、地上3m以上で多数の枝を分けています。

北側の根もとに、約30cm四方ほどで樹皮が剥げ、材が露出していますが、空洞化はしていません。

北側の根もとに枯損部がありますが、全体として樹勢は盛んで、適切に保護すればなお生長し続けるものと思われます。

1994年時点では、市内で最大のクスノキで、ながく保存していきたい木です。