ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 母衣輪神社のイチョウ(ほろわじんじゃのいちょう)

母衣輪神社のイチョウ(ほろわじんじゃのいちょう)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月5日更新

 

いちょうのしゃしん

 

樹高  約 13.0m
目通り      4.2m

神社入り口、向かって左側にあります。

地上5m以上で4本に分かれ、ほぼ真っすぐ上に伸びています。

枝張りは東及び北に各々7m、西及び南に4~5mで、遠方からみるとホウキを逆さに立てたような樹形です。

南西側の根本に文政(ぶんせい)10年(1821)火災の焼け跡がありますが、地上3m以上は樹皮も回復し今では樹勢盛んです。

樹齢は推定で200年~300年と思われます。

これ程の太さを持つイチョウの木は市内でも少なく長く保存したいものです。