ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 堀江家の層塔(ほりえけのそうとう)

堀江家の層塔(ほりえけのそうとう)

印刷用ページを表示する掲載日:2022年6月12日更新

堀江家の層塔

 石造五重塔(向って右) 総高 235.0

 石造五重塔(向って左) 総高 227.0     鎌倉~南北朝時代

 ともに基礎上に初重軸部をのせ、その上に笠、軸の石を重ね、塔身上に相輪を立てる。右の塔は請花、九輪の一部を

欠くが、水煙をもつ。左の塔は初重軸正面に蓮弁上のア字(胎蔵界大日如来)を刻む。右の塔の側面には後世の記銘が

あるが、塔は鎌倉時代の作とみられ、左の塔は九輪が古様を示すが、塔身は南北朝のものと推定される。ともに安山岩製。