ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 銅製 八稜鏡(どうせいはちりょうきょう)

銅製 八稜鏡(どうせいはちりょうきょう)

印刷用ページを表示する掲載日:2022年6月12日更新

銅製八稜鏡

径7.0 円縁の幅0.3 厚0.6   平安時代

 大岩山南麓の緩斜面(阿部氏宅)から出土したという。鏡面は平滑で、鏡背に八稜の周縁がある。

中央の鈕(長さ1.1 幅0.4~0.7 厚0.6)の周囲―内区は段圏で外区と分ける。内区(径4.8)は草花文を配し、

0.1~0.2下げた外区は唐草文をめぐらす。一面に緑青がふく。文様のつくりなどから和鏡とみられる。

原形をよく存し、平安時代の鏡として貴重である。