ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 八幡宮本殿附八幡宮本社再建図(はちまんぐうほんでんつけたりはちまんぐうほんしゃさいけんず)

八幡宮本殿附八幡宮本社再建図(はちまんぐうほんでんつけたりはちまんぐうほんしゃさいけんず)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月5日更新

 

ほんでんのしゃしん

さいけんずのしゃしん

 

三間社流造(さんげんしゃながれづくり)、向拝(むこうばい)一間、銅板葺瓦棒付
江戸時代

八幡宮は清和源氏の氏神とされ、源義家が奥羽出陣の際、八幡宮で勝利を祈願したと伝えられています。

源姓足利氏・長尾氏・徳川氏によって手厚く保護され、特に江戸時代には御朱印20石として付近の土地領有を許されました。

現在の社殿は文化11年(1814)に造り直したもので、この時の図面が残されていて、この設計図に基づいて造り直されたようです。

飾りの彫刻も江戸時代後期の特徴をよくあらわしています。