ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 行道山浄因寺境内(ぎょうどうさんじょういんじけいだい)

行道山浄因寺境内(ぎょうどうさんじょういんじけいだい)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月5日更新

 

じょういんじけいだいのしゃしん

 

行道山(ぎょうどうさん)は足利北部の山地に位置し、山中の断崖絶壁の下に浄因寺が建っています。

浄因寺は和銅6年(713)に行基という僧によって建てられたという由緒あるお寺です。

絶壁に囲まれたその姿は風情があり、関東の高野山ともいわれています。

かの有名な葛飾北斎も版画に描いた清心亭や、大岩壁と浄因寺の風景など、静寂の世界がひろがっています。

狭い谷間の参道の両側は杉、檜が茂り、山寺と調和しています。

その景色は他では得られないとても素晴らしいものです。