ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 五尊教会のタブノキ

五尊教会のタブノキ

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月5日更新

 

たぶのきのしゃしん

 

鶏足寺(けいそくじ)参道の西側にある五尊教会の土地にあります。

タブノキはもともと暖かい地方の海岸あたりに生息しますが、関東地方では内陸のほうでもわずかに確認できます。

県内では栃木市大平町の太平山(おおひらさん)にあることが知られています。

この木が自然に根付いたものか、または人が植えたものかはわかりませんが、市内の両崖山山頂にあるホソバタブと共に貴重です。

樹齢は200年を超えるものと思われますが、樹勢もよく、大切にしていきたいものです。