ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 臥竜院のエドヒガンザクラ(がりゅういんのえどひがんざくら)

臥竜院のエドヒガンザクラ(がりゅういんのえどひがんざくら)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月5日更新

 

えどひがんざくらのしゃしん

 

3本
高さ 各15.0m
枝張り 18.0m

本堂の庭の西方に3本のエドヒガンの木があります。

樹齢は不明ですが、住職によると明治4年の寺の図面には相当大きなものとして載っていることから、1番大きな木は樹齢250年と推定されています。

四方に張り出した太い枝から、細長い糸のように枝が多数垂れ下がり、この枝に花をいっぱいつけた様は荘観であり優雅です。

※3月下旬~4月上旬が見頃となっております(気候によって見頃が変動します)