ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 木造 不動明王坐像

木造 不動明王坐像

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月6日更新

 

ふどうみょうおうぞうのしゃしん
 
像高 88.1cm
平安時代末期~鎌倉時代初頭

鑁阿寺(ばんなじ)の中御堂の中にあります。

胸飾、腕釧(わんせん)、肘釧(ひせん)をつけ左手に羂索、右手に宝剣をとり、炎を背にして座っています。

金色の両眼は等しく見開き、口からは2本の牙が出ているその顔には、不動様ならではの迫力があります。

全体にやや細身ですが、むしろ自然な肉付きにかえって力強さが感じられる不動明王像です。

※通常非公開となっております