ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 木造 延命地蔵菩薩坐像

木造 延命地蔵菩薩坐像

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月5日更新

 

えんめいじぞうぼさつざぞうのしゃしん

 

像高  38.5cm
江戸時代

本源寺本堂の正面、須弥壇(しゅみだん)上に厨子に納められた状態で安置されています。

左手に宝珠を持ち、右手に錫杖を持ち、蓮華座の上に座っています。

胸には飾りをつけており、背には円形の光背に宝珠が飾られたものがついています。

厨子の裏側や底面には銘文が刻まれており、銘記によれば、京都の大仏師・法橋 福田康圓(ふくだこうえん)の作であり、元禄6年(1693)、本源寺の本尊として心叔(しんじゃく)和尚の代に、多くの檀家・信徒により奉納されたことがわかります。

台座・光背・厨子を含めた延命地蔵像の優品として、また造立年代のわかる歴史資料としても貴重なものです。

※通常非公開となっております