ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 木造 延命地蔵菩薩立像(もくぞう えんめいじぞうぼさつりゅうぞう)

木造 延命地蔵菩薩立像(もくぞう えんめいじぞうぼさつりゅうぞう)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月5日更新

 

えんめいじぞうぼさつりゅうぞうのしゃしん

 

像高  95.0cm
江戸時代

右手を下げ、左手に宝珠を持ち、円光背をつけ、蓮華座上に立っています。

額には白毫があり、目には水晶が入れられています。

首に飾りがついていて、像全体に白・紺・黒・金色の鮮やかな色がつけられており、唐草文様を施した僧衣などは特に優美です。

台の底の部分には墨で「貞享五年六月吉日」と書かれていて、この像が貞享(じょうきょう)5年(1688)に作られた事が分かります。

現在は本堂の前にある地蔵堂に安置されていて、保存状態も良好です。

※通常非公開となっております