ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 永宝寺の無縫塔(えいほうじのむほうとう)

永宝寺の無縫塔(えいほうじのむほうとう)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月5日更新

 

えいほうじのむほうとうしゃしん

高さ  81.0cm、最大幅 39.0cm、厚み28.0cm
鎌倉時代

永宝寺(えいほうじ)の本堂の右前方に歴代住職のものと共にあったといわれますが、現在は本堂左前方にあります。

花崗岩を少し磨いて塔身(とうしん)として、四角い台石上に建てています。

この塔の正面には「塔 開山円翁正眠和尚  文永六年九月二十五日」と刻まれています。

この銘記より文永(ぶんえい)6年(1269)にこの塔がつくられた事がわかる他、永宝寺が鎌倉時代に開山された事がわかる資料として貴重です。