ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

銅造鳥居

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月5日更新

 

どうぞうとりいのしゃしん

 

寸法     高さ  408.0cm、
          幅     545.0cm
江戸時代

正面に「八幡宮」の扁額がかかり、礎石の上に据えられた柱の下部は格座間状(こうざまじょう)に縁取りし、台輪をつけて島木を支えています。

八幡宮の鳥居は江戸時代に多く造られた明神鳥居の形式で、さらに両部鳥居の要素も混っており、この時代の特色をよく表しています。

左右の柱に刻まれた文字から、寛政4年(1792)佐野天明(てんみょう)の鋳物師 荒井宗明、丸山長暉によって造られた事がわかります。

寄付者329名を陰刻してあり、注目すべきことは僧侶の名が刻まれていて、神仏混交の時代の名残りである事がわかります。

保存状態も良く、銘記もあることから貴重です。