ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 伝北条時子姫五輪塔

伝北条時子姫五輪塔

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月5日更新

 

 

 

ごりんとうのしゃしん

 

総高  200.0cm
鎌倉時代

源姓足利氏二代目・足利義兼の長男・義純(よしずみ)が、母である北条時子(鎌倉幕府の重鎮・北条時政の娘で、義兼の妻)の菩提を弔うために建立したと伝えられる五輪塔です。

五輪塔・台石とも凝灰岩製ですが、台石は多少後年のものと考えられます。

最上部の空風輪(くうふうりん)は一つの石からできており、火・水・地輪の幅はほぼ等しく、古い時代の様式を示しています。

足利源氏ゆかりの石塔であり、保存状態もよく貴重です。