ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

山車(小俣町)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月5日更新

 

おまたのだしのしゃしん ぜんたい

 

高さ322.0cm、舞台間口760.0cm、奥行370.0cm
江戸時代

山車は檜材に漆を塗って仕上げてある四輪車の屋台組で、車輪の前後幅をせばめ、渡御巡行に適するように作られています。

正面の破風には「神格場」と書かれた額を掲げ、その上には太陽と鶴の彫刻、梁の部分には大型の龍の彫刻が飾ってあります。

また、背面の破風には月とうさぎの彫刻が飾られています。

さらに舞台と奥を仕切る梁の部分にも竜の彫刻が飾られています。

本山車の製作者および成立を証する文書はありませんが、山車の収納箱には「天保6年(1835)」の年記があり、江戸時代後期に山車が造られたものと推定されます。

複雑な構造に高度な技巧を凝らし、保存状態も良いことから貴重な山車となっています。

※8月15日の小俣祭りで公開されます。