ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 紙本著色 達磨像(しほんちゃくしょく だるまぞう)

紙本著色 達磨像(しほんちゃくしょく だるまぞう)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月6日更新

 

だるまぞうのしゃしん
 
寸法      縦  93.0cm
         横  72.0cm
室町時代
 

禅定(ぜんじょう)に入った紅衣の達磨像です。

画幅いっぱいに朱の衣をまとい、禅定印(ぜんじょういん)(仏の印相(手指でつくる形)の一種)をむすび、坐るだるまの像です。

両眼を大きく見開き、瞳をやや上に向けた表情は、永遠の彼方を凝視しているかのようです。

衣文(えもん)の線は抑揚があり、くっきりと描かれています。口と顎(あご)には、ひげをたくわえています。

本図はかつて田崎草雲(そううん)が所蔵したものと言われ、達磨像として相当の佳作であり、明画(みんが)と思われます。

 

※通常非公開となっております