ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

大般若経

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月5日更新

 

だいはんにゃきょうのしゃしん

 

折本(おりほん)  縦 25.2cm、横 9.0cm
600帖
鎌倉時代

水色表紙の折本仕立てになっていて、笈(おい)型の大箱2個に簀子(すのこ)を含む小箱に10帖ずつ入れ、3列10段に300帖を1箱、600帖を2箱に収めたものです。

600帖全巻を書き写したものから成り立っており、これがつくられた意義については追善供養の為なのか、信仰の修業の為かはっきりとはわかりませんが、もともと巻物であったものを折本に仕立て直したものと思われます。

※通常非公開となっております