ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 長昌寺のクロマツ

長昌寺のクロマツ

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月5日更新

 

くろまつのしゃしん

 

樹高  約7.0m
目通り   1.46m

本堂に向かって右側の植えこみに立っています。

幹は地上2.4mで北東に曲がって水平にのび、2.5mの所で枯損のため切落したあとがあります。

その内部は空洞化していたとのことで、セメントで埋め支柱を立てて保護しています。

現在の主幹はそこからほぼ直上して数本の枝を分け、主な枝は南東に4.2m、北東に3.5mのびています。

枝ぶりなどからかなりの古木ですが、樹皮も葉色もよく、良く手入れされてきたことがわかります。

寺の伝承では「開山袈裟掛の松」と呼び、開山の文龍大和和尚は天文(てんぶん)13年(1544)没とされ、その当時植えられたものであれば樹齢も約500年となりますが、文書等の記録では少なくとも200年はこえるものと思われます。