ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

毘沙門天のスギ

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月5日更新

 

びしゃもんてんのすぎのしゃしん

 

高さ       29.0m
目通り  700.0cm
枝張り    23.0m

毘沙門天の境内の東端にあり、太さ7m、高さ29m、枝張り東西16m、南北23mの大木で、樹齢は約650年と推定されます。

枝はほとんどが下に曲がって垂れさがり、逆さ杉を思わせるような形をしています。

落雷にあったらしく、幹の南西面の一部が上から下まで縦に裂けたあとがあり、頂上の部分も枯れ落ちています。

樹の皮は厚く縦に大きく亀裂が入り、いかにも古木らしい様相ですが、樹勢は今も尚盛んで葉の緑も若々しく、堂々たるものです。