ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 木造 毘沙門天及び両脇侍像(もくぞう びしゃもんてんおよびりょうわきじぞう)

木造 毘沙門天及び両脇侍像(もくぞう びしゃもんてんおよびりょうわきじぞう)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月6日更新

 

びしゃもんてんおよびりょうわきじぞうのしゃしん
 
毘沙門天               像高180.0cm  肩幅34.0cm  
                             木造寄木造(よせぎづくり)     鎌倉時代

吉祥天                  像高95.0cm
                          木造寄木造  鎌倉時代

善膩師童子(ぜんにしどうじ)       像高93.0cm
                          木造寄木造  鎌倉時代

像高180cmの毘沙門天像は、腰をわずかにひねって天衣(てんい)や袴の動きを現しており、足下には邪鬼2頭を踏まえ、玉眼(ぎょくがん)の眉間に威力を込めた相貌には迫力があります。

背の宝輪(ほうりん)は平安時代にみる形であり、宝髻(ほうけい)は宗風で装飾的であるが、全体の写実性とたくましさは鎌倉時代の特色を示しています。

これほどの大きさ、迫力、量感を持つ毘沙門天像は本県には他に類を見ません。

※毎月1日公開