ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 紙本著色 鑁阿上人自画像(しほんちゃくしょく ばんなしょうにんじがぞう)

紙本著色 鑁阿上人自画像(しほんちゃくしょく ばんなしょうにんじがぞう)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月5日更新

 

ばんなしょうにんじがぞうのしゃしん
 
寸法    縦 77.0cm 
           横 55.0cm
鎌倉時代

鑁阿寺(ばんなじ)開基である足利義兼は出家し、「鑁阿(ばんな)」と称しましたが、本品はその鑁阿上人の自画像として同寺に伝わっているものです。

衣をまとい、手に扇をもって座っている姿からは、上人がたくましい顔つきで、堂々とした体格の人物であったことがうかがわれます。

顔は白く、衣はゆったりとした墨線で輪郭が描かれ、黒色でぬられています。

顔は面長で、目じりがあがっているなど、鑁阿上人の威厳が感じられる優品として貴重です。

※通常非公開となっております