ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 鑁阿寺太鼓橋(ばんなじたいこばし)

鑁阿寺太鼓橋(ばんなじたいこばし)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月5日更新

 

たいこばしのしゃしん

 

桁行 780.0cm  梁間 339.0cm 
唐破風桟瓦葺
江戸時代

鑁阿寺(ばんなじ)正面入り口のお堀に掛けられた反り橋で、内部の天井は格天井と言われ、格子の型に組まれていて、お堀の縁石には切石の橋脚が利用されています。

江戸時代後期の建造物で、県内ではただ一つの屋根付きの橋であり、背面の楼門とのつり合いもよくとれています。