ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 鑁阿寺宝庫(ばんなじほうこ)

鑁阿寺宝庫(ばんなじほうこ)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月5日更新

 

ほうこのしゃしん

 

桁行3間、梁間2間、単層、校倉造、寄棟(よせむね)造り行基葺
江戸時代

足利氏宅跡の境内、中御堂(なかみどう)と北側土塁の中間にあります。

朱で赤く塗られたこの建物は、永享(えいきょう)4年(1432)創建とされますが、現在の建物は宝暦(ほうれき)2年(1752)の再建です。

もともとは鑁阿寺(ばんなじ)の宝物を収容した収蔵庫でしたが、42世忍空(にんくう)上人がほかに移して大黒天を祀りました。これが足利七福神の元祖とされています。