ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 金銅 鑁字御正体(こんどう ばんじみしょうたい)

金銅 鑁字御正体(こんどう ばんじみしょうたい)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月5日更新

 

ばんじみしょうたいのしゃしん

 

直径 24.7cm
鎌倉時代

縁(ふち)の高いお盆状の形をしています。

木をくりぬいて漆を塗った鏡板に、金銅製の種字(しゅじ)・蓮華座、縁の内回りを取り付けています。

表面は銀箔押しであったと思われ、金剛界大日如来を表す種字は3個の部分よりなります。

蓮華座は果托(かたく)、蕊(しべ)、仰蓮(ぎょうれん)を彫り、蓮弁には魚子地(ななこじ)に宝相華文を鋤彫(すきぼり)しています。

木製の鏡板と金銅製の種字台座とを巧みに取り合わせた大変珍しい遺品で、礼拝の対象として長く鑁阿寺(ばんなじ)に伝えられてきた貴重な物です。

※通常非公開となっております