ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 粟谷町山神社のスギ(あわのやちょうやまじんじゃのすぎ)

粟谷町山神社のスギ(あわのやちょうやまじんじゃのすぎ)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月5日更新

 

すぎのしゃしん

 

山神社の拝殿及び本殿の周りに、幹の周りの太さが2.65~4.48mのスギの大木が5本あります。

本殿の左側のものが4.48mで最も大きく、高さはいずれも40m位でどの木も枝下が長く真っすぐに伸びています。

木の皮は厚く、縦に裂け目が深く入っているものもあり、どのスギもとても古木らしい様相を示しています。

神社の境内に立っていたため、伐採されずに残っていたかと考えられ、今では神木のように大切にされています。

幹に損傷は見られず、樹勢も極めて旺盛です。

いつ植えられたのか記録がないので、確かなことは分かりませんが、300~400年位のものと思われます。

1ヵ所にこのような大木が5本も立ち並んでいるのは市内でも珍しいものです。