ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 足利学校旧鈔本(周易5、周易伝3、古文孝経1、論語義疏)

足利学校旧鈔本(周易5、周易伝3、古文孝経1、論語義疏)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月5日更新

 

きゅうしょうほんのしゃしん

 

4種19冊
室町時代

この旧抄本4種は周易5冊、周易伝(しゅうえきでん)3冊、古文孝経(こぶんこうきょう)1冊、論語義疏10冊からなり、もともと中国で出版されたものを室町時代に日本で写した本です。

・周易:室町末期に宋刊本から書写したもの。

・周易傳:応安5年(1372)の写本。

・古文孝経:室町中葉以後の写本で、歴史的に有名な足利本。

・論語義疏:室町時代の写本。

孔子の教えを学ぶ儒学や占いの方法を学ぶ易学などを教える、足利学校での教科書として使用されていたものです。

※通常非公開となっております