ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

朝倉の庚申塔

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月5日更新

 

こうしんとうのしゃしん

 

総高 230.0cm
江戸時代

朝倉の庚申塔には鬼を踏みつけた青面金剛(しょうめんこんごう)と、2羽の鶏・3匹の猿が彫刻されています。

石の裏側には「元文五年庚申天九月吉日」と彫られていて、1740年にこの庚申塔が造られたことがわかります。

この庚申塔には、笠(かさ)とその上に宝珠がのっていて、市内にある庚申塔ではあまり見かけることのない珍しいものです。

保存はとてもよく、庚申の銘記も明らかで史料的な価値が高いものとなっています。

今に残る庚申塔の中では優品です。