ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 足利市内の文化財 > 銅造 阿弥陀如来立像及び両脇侍立像(どうぞう あみだにょらいりゅうぞうおよびりょうわきじりゅうぞう)

銅造 阿弥陀如来立像及び両脇侍立像(どうぞう あみだにょらいりゅうぞうおよびりょうわきじりゅうぞう)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月6日更新

 

あみだにょらいりゅうぞうおよびりょうわきじりゅうぞうのしゃしん

 

主尊          像高     48.0cm
             室町時代

両脇侍(りょうわきじ)立像  像高  48.0cm
             室町時代

右手を胸の前で開き、左手は下に伸ばしています。

身につけている衣のしわはとても柔らかな感じをうけます。

両脇侍は共に六角の宝冠をつけ、瞑想するように左手を下にして両手を合わせています。

像高は33cmで、光背がないものの一光三尊仏で、善光寺式阿弥陀三尊といわれます。

※通常非公開となっております