ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 史跡足利学校 > 新元号「令和」!史跡足利学校所蔵「万葉集(文化2年刊行)」を特別展示します!

新元号「令和」!史跡足利学校所蔵「万葉集(文化2年刊行)」を特別展示します!

印刷用ページを表示する掲載日:2019年4月4日更新

 4月1日に、「平成」に代わる新しい元号が「令和」となることが発表されました。また、その典拠は、「万葉集」であることがわかりました。そこで、史跡足利学校が所蔵する「万葉集」を4月6日(土曜日)から特別展示し、新元号「令和」の典拠部分を公開します!

 また、とちぎ歴コレ2019企画として、4月20日(土曜日)からは、万葉集のほかに、史跡足利学校が所蔵する「平成」、「昭和」、「大正」、「明治」の4元号の典拠となった「尚書」や「周易」(市重要文化財等)も併せて展示いたします!

 

◆展示期間

  平成31(2019)年4月6日(土曜日)~5月26日(日曜日)

 

◆開催期間中の参観時間

  午前9時00分~午後5時00分(受付は午後4時30分まで)

  ただし、4月27日(土曜日)~5月6日(月曜日)は、午後6時00分(受付は午後5時30分)まで延長 

 

◆開催期間中の休館日

  4月15日(月曜日)、5月20日(月曜日)

 

◆史跡足利学校の参観料

  一般:420円 (20人以上の団体:340円)

  高校生:210円 (20人以上の団体:170円)

  *中学生以下、障がい者手帳をお持ちの方は提示:無料

 

◆展示史料

【万葉集】文化2年(1805年)刊行

新元号「令和」

万葉集「令和」部分

「令和」の典拠部分 梅花歌 序 「初春月気淑風

 

 

●とちぎ歴コレ2019企画

4月20日(土曜日)から「平成」「昭和」「大正」「明治」の典拠書籍を公開

 

【尚書正義】弘化4年(1847年)刊行    

「平成」 

平成典拠部分  

 平成の典拠部分「帝曰兪地…」 

 

「昭和」

 昭和典拠部分

 昭和の典拠部分「百姓明協萬邦」 

 

【周易】江戸期写本(足利市重要文化財)

「大正」 

大正典拠部分 

大正の典拠部分「亨以天之道也」

 

「明治」

明治典拠部分

明治の典拠部分「聖人南面而聴天下嚮

 

祝「令和」チラシ [PDFファイル/169KB]


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)