ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 史跡足利学校 > 重要文化財特別公開 史跡足利学校企画展 「論語への誘い」を開催します

重要文化財特別公開 史跡足利学校企画展 「論語への誘い」を開催します

印刷用ページを表示する掲載日:2017年9月28日更新

「論語」は、孔子とその高弟の言行を、孔子の死後、弟子達が記したもので、史跡足利学校には「論語」関する貴重な書籍が多くあります。中でも、『論語義疏』は、国重要文化財に指定されており、その存在及び歴史的価値は唯一無二であるといえます。

これら「論語」に関する書籍を中心に、論語やその背景である儒学、そして儒学の経典である四書(論語・大学・中庸・孟子)五経(書経・易経・春秋・礼記・詩経)を紹介いたします。

また、四書五経に関する『論議義疏』以外の国重要文化財書籍についても、10月21日(土曜日)から29日(日曜日)までの9日間限定で公開いたします。

 

◆展示期間

平成29年10月21日(土曜日)~平成29年12月3日(日曜日)

 

◆参観時間

午前9時00分~午後4時30分(受付は午後4時00分まで)

 

◆参観料

一般:420円 (20人以上の団体:340円)

高校生:210円 (20人以上の団体:170円)

 

◆場所

足利学校遺蹟図書館(史跡足利学校内)

 

◆休館日

平成29年11月13日(月曜日)

 

◆貴重講演

足利学校書籍の価値を詳しく解説いただきます。

・日時:平成29年10月21日(土曜日)午後1時30分から

・講師:早稲田大学文学学術院教授 稻畑耕一郎 氏

・演目:「中国の古典籍はどのようにして伝承されて来たか。」

・会場:史跡足利学校復原 方丈建物

・定員:当日先着60名

論語義疏 見開き中身

上記写真 【重要文化財「論語義疏」】

 

 

「論語への誘い」ポスター 全体的に朱色で、孔子坐像や論語義疏の画像あり

・主な展示品リスト

国 重要文化財書籍5種 [その他のファイル/1.44MB]

足利市重要文化財書籍 [その他のファイル/1.44MB]

展示リスト一覧 [その他のファイル/1.14MB]