ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 史跡足利学校 > 史跡足利学校『日曜論語素読体験』を紹介します

史跡足利学校『日曜論語素読体験』を紹介します

印刷用ページを表示する掲載日:2019年4月21日更新

 史跡足利学校では、孔子の教えである論語(ろんご)を、参加者全員が大きな声を出して読む素読(そどく)体験プログラムを行っています。

 講師は足利学校論語素読運営委員会委員長の飯野紀一さん、同委員の石川博右さん、安倍昌司さん、新島弘子さん、植野栄基さん、青木文夫さんの6人が交代で務め、論語についての簡単な説明の後、論語の一節を参加者とともに読み上げます。

 日曜論語 


▲日曜論語素読体験の様子。時にユーモアを交えながら、論語や孔子の教えを説明します。

 

平成31(2019)年度 史跡足利学校日曜論語素読体験

日時

4月21日から11月17日までの日曜日(7月28日~9月1日は休み)

午後1時30分~、午後2時10分~(1日2回/いずれも約20分間)

□■平成31年度の実施日(いずれも日曜日)

 《4月》21日・28日              《5月》5日・12日・19日・26日

 《6月》2日・9日・16日・23日・30日  《7月》7日・14日・21日

 《9月》8日・15日・22日・29日        《10月》6日・13日・20日・27日

 《11月》3日・10日・17日

会場史跡足利学校 書院(しょいん) ※通常は非公開
講師 

飯野紀一さん(論語素読運営委員会委員長) 

石川博右さん(同委員) 安倍昌司さん(同委員)  新島弘子さん(同委員) 

植野栄基さん(同委員) 青木文夫さん(同委員)                  

対象足利学校の参観者ならどなたでも参加できます。(事前の予約は不要)
参加料

無料 (足利学校の参観料は必要)