ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 史跡足利学校 > 平成30年度『曝書』を実施いたします!

平成30年度『曝書』を実施いたします!

印刷用ページを表示する掲載日:2018年8月26日更新

  史跡足利学校で実施している曝書(ばくしょ=虫干し)は、江戸時代以来の伝統行事で、足利市の秋の風物詩にもなっています。本年も下記のとおり実施いたしますので、この機会にぜひご参観ください!

曝書(ばくしょ)とは・・・

 和装本の時代に、紙を食べる害虫の紙魚(しみ)を追い出すために本を外気にさらす作業のことを「曝書」と呼んでいました。足利学校では、所蔵している古書に風をとおして湿気をとったり、荷重によるストレスを緩和することで良好な状態のまま保存するために毎年行っています。

平成30年度『曝書』実施概要

1.実施期間  平成30年9月24日(月曜日)~11月30日(金曜日)        

2.実施日   平成30年 9月 24日、29日
        平成30年10月 3日~6日、8日、9日、11日~13日
        平成30年11月 6日、7日、9日、10日、14日、15日、17日、19日、27日~30日

        ※ただし、天候や湿度などの状況により中止になることがありますので、お問合せください。

3.実施時間  概ね午前10時00分~午後2時30分 

4.実施場所  史跡足利学校 書院

5.休館日    10月15日(月曜日)、11月12日(月曜日)

6.参観料   一般:420円 (20人以上の団体:340円)
        高校生:210円 (20人以上の団体:170円)

 

曝書① 曝書②