ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 史跡足利学校 > 国宝書籍特別公開 史跡足利学校企画展『元号』の開催について

国宝書籍特別公開 史跡足利学校企画展『元号』の開催について

印刷用ページを表示する掲載日:2018年6月16日更新

 来年は天皇陛下のご退位に伴い、新たな元号が制定されることとなっております。

『明治』から『平成』までの元号は、すべて史跡足利学校でも所蔵する中国の古い書籍の中から選定されています。

そこで、元号を制定する上で典拠となった書籍を展示し、その由来や元号に関する知識を深めていただくと共に、史跡足利学校が古い書籍の宝庫であることを改めて認識していただくことを目的として、企画展『元号』を開催いたします。

 

◆展示期間

平成30年10月20日(土曜日)~12月2日(日曜日)

 (うち国宝書籍公開期間10月20日~11月4日)

 

◆開催期間中の参観時間

10月から:午前9時00分~午後4時30分(受付は午後4時00分まで)

 

◆開催期間中の休館日

平成30年11月12日(月曜日)

 

◆史跡足利学校の参観料

一般:420円 (20人以上の団体:340円)

高校生:210円 (20人以上の団体:170円)

*中学生以下、障がい者手帳をお持ちの方は提示:無料

 

◆主な展示史料

【国宝書籍】

『尚書(しょうしょ)正義(せいぎ)』2冊、『周(しゅう)易(えき)注疏(ちゅうそ)』2冊

尚書正義表紙     周易注疏

 

【主な漢籍】

『荀子(じゅんし)』、『孟子(もうじ)』、『文選(もんぜん)』、『礼記(らいき)』 

 

◆紹介する主な「元号」

「大化」「寛文」(出典:荀子) 、「天平」(出典:礼記)

「天保」(出典:孟子)、「慶應」(出典:文選)

「文化」「明治」「大正」(出典:周易)

「文政」「昭和」「平成」(出典:尚書) など

 

◆関連行事

 展示期間中、「元号」に関する講演会を予定

 

*展示内容など、詳細が決まりましたら、随時ホームページを更新いたします。