ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

日本最古の学校 国指定史跡 足利学校へようこそ!

 足利学校は、日本で最も古い学校として知られ、その遺跡は大正10年に国の史跡に指定されています。

 足利学校の創建については、奈良時代の国学の遺制説、平安時代の小野篁説、鎌倉時代の足利義兼説などがありますが、歴史が明らかになるのは、室町時代の永享11年(1439)関東管領・上杉憲実(うえすぎのりざね)が、現在国宝に指定されている書籍を寄進し、鎌倉円覚寺から僧・快元(かいげん)を招いて初代の庠主(しょうしゅ=校長)とし、足利学校の経営にあたらせるなどして学校を再興してからです。

 足利学校は、応仁の乱以後、引き続く戦乱の中、学問の灯を絶やすことなくともし続け、学徒三千といわれるほどに隆盛し、天文18年(1549)にはイエズス会の宣教師フランシスコ・ザビエルにより「日本国中最も大にして、最も有名な坂東の大学」と世界に紹介されました。

 江戸時代の末期には「坂東の大学」の役割を終え、明治5年に幕をおろしましたが、廃校直後から有志による保存運動が展開されるなど、郷土のシンボル、心のよりどころとして足利学校の精神は市民の中に連綿として生き続け、平成2年の復原完成へとつながり、教育の原点、生涯学習の拠点として、新しい学びの心の灯をともしています。

足利学校の歴史をビデオで紹介 (Youtubeへのリンク、別窓で開きます)

ツイッターで論語抄の中から毎日1節を紹介中 バナーをクリック!

めざせ世界遺産! 足利学校と足利氏の遺産 世界遺産登録推進の取り組みを紹介しています!

参観案内

参観料(消費税を含んでいます)

対象個人団体(20人以上)
一般420円340円
高校生210円170円
※中学生以下、身体障がい者は無料です。
※Suica(スイカ)、Pasmo(パスモ)が利用できます。

受付時間、休館日

受 付 時 間4月~9月 : 午前9時~午後4時30分
10月~3月 : 午前9時~午後4時

休 館 日

第3月曜日(祝日・振替休日のときは翌日)
年末(12月29日~12月31日)
※管理上やむを得ず休館することがあります