ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

利用案内

印刷用ページを表示する掲載日:2017年3月7日更新

開館時間休館日入館の制限利用者の遵守事項館外貸出し貸出数と貸出期間
インターネットによる予約予約リクエスト返却資料の破損、亡失等調査・相談
コピーサービス宅配サービス読書室の利用移動図書館の利用

1. 開館時間

火~金曜日   午前 9時~午後 7時
土・日・祝   午前 9時~午後 5時

2.休館日

(1)定休日       毎週月曜日
(2)資料整理日     毎月第4木曜日
(3)特別資料整理日   年2回それぞれ7日以内で教育委員会の定める日
(4)年末年始      12 月 29 日から翌年1月3日までの日
※定休日と資料整理日が祝日のときは翌日
※その他 臨時休館することがあります
※詳しくは図書館カレンダーをご覧ださい。
図書館カレンダーへ

3.入館の制限

利用者が、次のいずれかに該当するときは、図書館の入館を拒み、又は退館を命ずることがあります。
(1)秩序を乱し、又は善良な風俗を害するおそれがあとき。
(2)図書館の施設又は図書館資料を破損し、又は汚損するおそれがあるとき。
(3)他人に危害を及ぼし、又は迷惑かけるおそれがあるとき。
(4)暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第2号に掲げる暴力団
  その他集団的に又は常習的に暴力的不法行為を行うおそれがある組織の利益になると認めるとき。
(5)この条例又はこの条例に基づく規則に違反したとき。
(6)上記のほか図書館の施設及び図書館資料の管理上支障があると認めるとき。

4.利用者の遵守事項

利用に当たっては、次のことをお守りください。
(1)所定の場所以外の場所において喫煙し、又は飲食しないこと。
(2)飲酒した状態で図書館を利用しないこと。
(3)動物(身体障害者補助犬法(平成14年法律第49号)第2条第1項に規定する身体障害者補助犬を除く。)を
  持ち込まないこと。
(4)貸出しを受けた図書館資料を転貸しないこと。
(5)定められた期間内に図書館資料を返却すること。

5.図書館資料 (図書や視聴覚資料 )の館外への貸出し

(1)「個人貸出し」と「団体貸出し」があります。
(2)貸出しを受けるときは「図書館利用カード」必ず提示しなければなりませんので、貸出しを希望される方は
  登録手続きを行い、交付後は無くさないよう大切に保管してください。
(3)図書館資料のうち次に掲げるもは、貸し出すことができません。
  ・貴重図書
  ・郷土資料
  ・辞典、事典及び年鑑
  ・最新の逐次刊行物
  ・新聞、官報及び公報視聴覚資料のうち学術用に供するもの
  ・上記のほか、教育委員会が適当でないと認めるもの
(4)登録手続き等

 個人貸出し団体貸出し
対象 (1)市内に居住し、又は通勤し、若しくは通学して
     いる方
(2)佐野市、桐生市、太田市、館林市、みどり市、
     板倉町、明和町、千代田町、大泉町、邑楽町に
     居住する方
(3)教育委員会が認めた方
(1)市内に事務所又は事業所を有する社会教育
     関係団体
(2)教育委員会が認めた団体
手続き(1)身分が確認できる書類(運転免許証、学生証、保
    険証等)を添えて「図書館利用カード発行申込書」
    を1階中央カウンターに提出してください。
(2)審査の結果、内容が適合している場合は、登録 
    者として登録し「図書館利用カード」を交付
    します。
(1)「団体用図書館利用カード発行申込書」を1階
     中央カウンターに提出してください。
(2)審査の結果、内容が適合している場合は、団体
     として登録し「図書館利用カード」を団体の
    代表者に交付します。
手続き
の運用
(1)未就学児
    保護者による代理手続きが出来ますが、未就学
    児と一緒に来館してください。
    その際、保護者の身分が確認できる書類(運転免
    許証、学生証、保険証等)が必要となります。
(2)障がい者、高齢者など本人が来館困難な方代理
    人による代理手続きが出来ますが、本人からの
    委任状と代理人の身分が確認できる書類(運転免
    許証、学生証、保険証等)が必要となります。
※詳しくは1階中央カウンターにご相談ください。
 
使用上
の注意
「図書館利用カード」の使用は登録した本人に限りますので、ご家族での貸し借りや第三者への貸与、譲与はできません。
登録内
容の変更
氏名、住所など、登録内容に変更があったときは、速やかに「「図書館利用カード登録事項変更届」を1階中央カウンターに提出してください。
再発行
の手続き
「図書館利用カード」を紛失、又は破損した時は、再発行の手続きが必要になります。
「図書館利用カード再発行申込書」を1階中央カウンターに提出してください。個人の場合は、身分が確認できる書類(運転免許証、学生証、保険証等)が必要です。
なお、カード代として50円をいただきます。
登録の
取り消し
次に該当する場合は、貸出しを中止したり、登録を取り消します。
    (1)登録が虚偽の申請によるものであったとき。
    (2)条例や規則に違反したり不正な行為があったとき。
    (3)貸出しを3年間受けなかったとき。

 6.貸出数と貸出期間

 個人貸出し団体貸出し
図書(雑誌、紙芝居含む)

10冊以内

30冊以内
視聴覚資料(CD、DVD等)3点以内
貸出期間2週間以内1月以内

7.インターネットによる予約

「図書館利用カード」をお持ちの方が、図書館ホームページから図書館資料(図書や視聴覚資料)を予約する時は、
パスワードが必要になります。
必要な方は、1階中央カウンターにお申し付けください。

8.図書館資料(図書や視聴覚資料)の予約

(1)1階中央カウンター又は図書館ホームページからお申し込みください。
     電話、メールでの予約はお受けできません。
(2)用意ができましたら、ご指定(メール、電話等)の方法で連絡します。

9.未所蔵の図書館資料(図書や視聴覚資料)のリクエスト

(1)図書館に所蔵のない図書館資料を求める時は、「希望図書予約・リクエスト票」に必要事項を記載し、
    1階中央カウンターに提出してください。
(2)審査の結果、図書館相互協力(相互貸借)や新規購入などの方法により、提供いたします。
(3)新規購入の場合は、一人当たりの年間購入数を5冊とさせていただいており、
    ご要望にお答えできない場合もありますので、あらかじめご了承ください。
相互貸借へ

10.図書館資料(図書や視聴覚資料)の返却

(1)返却期限をお守りください。他の利用者への迷惑になります。
  期限を過ぎても返却されない時は、予約や貸出しを禁止する場合があります。
(2)開館時間中は、1階中央カウンターにお持ちください。
(3)休館日や閉館後は、正面入口の「夜間・休日返本口」にお返しください。
    なお、視聴覚資料(CD・DVD・カセットテープ等)は、破損の恐れがありますので、
    必ず開館日に1階中央カウンターにお持ちください。

11.図書館資料(図書や視聴覚資料)の破壊、損傷、亡失

図書館資料(図書や視聴覚資料)を破壊し、損傷し、又は亡失したときは、速やかに届出していただきます。
審査の結果、現物又は代物によって弁償していただくこともありますので、取扱いには十分ご注意ください。

12.調査・相談(レファレンス)

利用者の調査、研究、学習、相談等を援助するため、図書館資料及び機能を活用し、
資料提示などの情報提供をします。

 調査・相談(レファレンス)へ

13.複写の提供(コピーサービス)

利用者の求めに応じその調査研究に供するため、著作権法(昭和45年法律第48号)第31条第1項の規定により、
図書館資料の複写を行い提供することができます。

複写の提供(コピーサービス)へ

14.宅配サービス

(1)図書館利用カードをお持ちの方で、次のいずれかに該当し自ら図書館に来館することが困難な方は、
    宅配による貸出しを受けることができます。
      ・身体障害者福祉法(昭和24年法律第283条)第15条の規定により身体障害者手帳の交付を受けている者で、
        身体障害者福祉法施行規則(昭和25年厚生省令第15号)第5条第1項第2号の障害名及び障害の級別が視覚
        障害の1級から3級までのもの又は肢体不自由の1級から3級までの方 
      ・上記に準ずる方で、図書館に来館することが困難と認められる方
(2)宅配を希望する方は、「宅配利用申込書」に上記のいずれかに該当することを証する書類の写しを添えて
     1階中央カウンターに提出してください。
(3)宅配による貸出しを受けることができる期間は、1月以内です。

15.読書室の利用

(1)読書や学習をされる方は、読書室を利用できます。
(2)利用時間
     火~金曜日 午前9時~午後7時
     土・日・祝日 午前9時~午後5時
(3)利用を希望される方は、2階調査相談室カウンターにて「読書室利用申請書」に必要事項を記載して提出し、
     「座席券」を受け取り指定された座席にて利用していただきます。
(4)利用時間の制限はありませんが、外出時間は30分以内とします。

16.移動図書館(ともしび号)の利用

ともしび号が地域を巡回し、図書の貸出しをします。

移動図書館へ